コレクション 絶版漫画

上原きみこ 銀のトウシューズ

更新日:

上原きみこの『銀のトウシューズ』です。

銀のトウシューズ

小学生の頃、大好きで何度も読みまくった漫画です。

まりちゃんシリーズの内のひとつで、その中でも人気の高い作品なんですが、復刻されていない為か希少性が高く、比較的高いプレミアが付いています。

てんとう虫コミックスより刊行(全6巻)

まりちゃんシリーズの一部のタイトルは、講談社漫画文庫より再刊行されましたが、銀のトウシューズはオリジナルのみとなっています。

銀のトウシューズ あらすじ(1巻から5巻まで)

主人公・・・白石茉莉花(木下茉莉花)
双子の相手・・・木下杏
ママ・・・水島舞
男の子・・・白石夏樹

銀のトウシューズ1巻 あらすじ

まりちゃん(茉莉花)はバレリーナを目指す女の子です。

ママの死後、パパと夏樹兄さんに引き取られ、「銀の花」の公演の代役を踊ります。

公演の前に髪を汚してしまったまりちゃんは、以前電車の中で出会った杏に助けられて2人は親友になります。

銀の花の正式な主役を決めるコンクールに天才バレリーナ水島桃子が現れ、行方不明のパートナーが、まりちゃんのペアの大介だと言い出します。

それを証明すれば、桃子の姉、杏を別れたママに会わせると約束します。

銀のトウシューズ2巻 あらすじ

親友の杏を思うまりちゃんは、桃子・大介コンビの代名詞である「ウルトラ・インパルス」を完成させて大介が本物だと証明します。

まりちゃんはパパや夏樹兄さんと暮らしていましたが、本当はバレリーナ水島舞の娘で、親友の杏と双子だと判明します。

銀のトウシューズ3巻 あらすじ

バレリーナとして背が高すぎることを気にしていたまりちゃんは、実の父、木下の言葉をきっかけにバレエをやめてしまいます。

そして、街で出会ったほたる源氏と、ローラースケートの日本選手権に出場することになりますが、最終的にバレエの世界に戻ります。

まりちゃんは、双子の杏と一緒に白石家で暮らしていますが、ふたりは本当は水島舞と木下誠治の娘で、桃子が白石家の娘だと分かります。

銀のトウシューズ4巻 あらすじ

真実を知った桃子は大きなショックを受けます。

白石家と水島家は、それぞれの家庭を正常な親子関係に戻すことになりました。

木下家と水島家の選択を迫られた杏はどちらも選ばすにパリへ行くことを決めました。

杏を心配したまりちゃんは、夏樹にパリへ行くようお願いします。

そして、パリ・バレエコンクールに優勝したまりちゃんは、自身もパリへ行き、杏と再会します。

しかし、杏を追って来ているはずの夏樹の姿がありませんでした。

銀のトウシューズ5巻 あらすじ

やっと夏樹を見つけましたが、夏樹は記憶喪失になっていました。

まりちゃんは夏樹のいるバレエ団に入ろうとします。

このミズシマバレエ団は、他のバレエ団から合併を迫られていて、それを断る為に、夏樹とまりちゃんは恋人のふりをします。

そして夏樹をパートナーに、パリ・バレエ団の「白鳥の湖」で日本の姫君を踊り、新作の「KAGUYA」で、杏、セシリアとともに、主役候補のひとりに選ばれたのです。

夏樹が記憶を失ったまま、セシリアと婚約する、と聞いたまりちゃんのこころは揺れます。

また、日本にいた時のふたりのことを知らないセシリアはふたりの関係を調べようとします。

銀のトウシューズ最終回(6巻)

銀のトウシューズ6巻 前半のあらすじ

お互いの気持ちに気付いた夏樹とまりちゃんでしたが、セシリアは夏樹を返す条件として、KAGUYAの主役を取れたら返すと言いました。

主役を決める舞台で、まりちゃんの番が来た時、パートナーとして現れたのは、本来の相手であるすばるではなく、夏樹でした。

そしてふたりはウルトラインパルス、ダブルインパルスを決め、東京公演のKAGUYAの主役に選ばれます。

夏樹と一緒に東京へ帰ろうとした矢先、セシリアが自殺未遂を図ります。セシリアを放っておけない夏樹はパリへ残ります。

KAGUYAの日本公演はすばると共に大成功を収めます。

そして、夏樹がセシリアとともに日本へ戻ってくることになりました。

帰国を喜ぶまりちゃんでしたが、夏樹とセシリアとの婚約を知りショックを受けます。

すばるからプロポーズされたまりちゃんは、夏樹を忘れる為に、それを受け婚約します。

銀のトウシューズ最終回 

全ての記憶を取り戻した夏樹は、まりちゃんへの気持ちも思い出します。

セシリアもついに夏樹を諦めます。

まりちゃんのところへ向かった夏樹ですが、すばるとの婚約パーティーの最中でした。

夏樹の登場にまりちゃんは戸惑います。

婚約祝いに、と渡された銀のトウシューズを手にした瞬間まりちゃんは、夏樹と「銀の花」を踊る夢を思い出します。

そして夏樹を選びます。

すばるも婚約を取りやめ、ふたりはハッピーエンドを迎えます。

ごまの感想

改めて読み返してみましたが、前半はコマ割りから細かい絵柄まですごく覚えていたのに、後半は内容すら覚えていませんでした・・・。

ラストってこんなんだったっけ?!って感じです。

まりちゃんシリーズおなじみの、ふたご・複雑血縁関係・記憶喪失ネタは健在でしたね。

でも、子供の頃も思ってたけど、家族関係に一番傷ついたのは杏でパリまで行っちゃってますが、実は杏が一番元々の状況と実際の関係のズレが少ないような気がするんですよね・・・。(元々木下家で実際も木下家だし)

ごま的に一番悲惨だったのは桃子だったと思う!

ツッコミどころも多いですが、なんだかんだまりちゃんシリーズは面白いので好きです。

特にこの『銀のトウシューズ』が一番お気に入りです。

ごま
ラブリーまりちゃんの記事はこちら

ランキング

 


応援お願いします→ 
   

 

アドセンス&楽天モーション

 

人気の記事

日野日出志-銅羅衛門-1 1

国民的な漫画である『ドラえもん』をとんでもない恐怖漫画にパロディした漫画家がいらっしゃいました。 ホ ...

まる子、夢について考える 2

ドラえもんとサザエさんに並ぶ国民的漫画といえば『ちびまる子ちゃん』です。 長寿漫画になると、時代の違 ...

楳図かずお版ウルトラマン 3

楳図かずおヴァージョンの『ウルトラマン』です。 ウルトラマンは数多くの漫画家によって描かれていますが ...

ファミコン-ゴールドカートリッジ 4

数あるお宝ゲームソフトの中でも、ファミコンのゴールドカートリッジはコレクター・マニア人気がダントツで ...

リッツェンホフ貯金箱-1 5

500円玉貯金を始めました。 モチベーションの上がるかわいい貯金箱を探していた所・・・ 見つけました ...

幽幻道士と来来キョンシーズ 6

『幽幻道士』と『来来!キョンシーズ』。 80年代後半に一大旋風を巻き起こしたキョンシーシリーズです。 ...

パンドラの秘密 7

美内すずえの『パンドラの秘密』です。 ビニカバ付き初版です! ついに手に入れました!! といっても、 ...

-コレクション, 絶版漫画
-

Copyright© プレミアムごま , 2018 All Rights Reserved.